歯医者での歯石除去情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

歯医者で定期的に歯石除去

一度歯医者へ行くと、虫歯の治療以外が終わった後に、器具を使って歯と歯茎の間についている歯石を取ってもらう機会があります。これは、通常自分で気が付いて行く虫歯治療と違い、気が付いた時に取ってもらうというものではなく、定期的に通ってチェックを受けてキレイに取ってもらうもので、終わった後はとても歯がツルツルになります。歯石は、放っておくと歯茎の炎症などを引き起こす場合もあるのですが、自分ではどのくらいついているのかがわからないので、虫歯以外の検診の案内があった時には必ず歯医者に行ってチェックしてもらうとよいでしょう。

歯石とはいかなるものか?

歯についた歯垢と言われるばい菌の塊の汚れに、唾液中のカルシウム分などが混ざり、次第に石のように固まってしまったものを歯石と言います。付いてしまったら、始めのうちは自覚症状もなく、歯医者さんで取ってもらうしかありません。唾液の成分が影響しているので、唾液の分泌の多い下の歯の前歯の裏は特に歯石がつきやすい場所です。始めは歯の表面についていますが、時間が経つと歯ぐきの中に入り込み歯周病の大きな原因となりますし、取るのにも時間がかかり、ある程度の苦痛も伴います。元は柔らかい汚れですから、磨き残しのないように、正しいブラッシング習慣が身についていればそれほど付いてしまうものではありません。予防としては歯医者さんに定期的に通い歯の汚れを取ってもらい、正しい歯のお手入れ方法を学ぶことです。